BIM における

RC建築企画・開発事業

TYING,Inc

アフター対策

施工・多能工

企画・設計

経済的構造検証

TEAM SCORE:

データの一元化

REVIT + BIM

これからの建築のあり方を実践 / BIMソフトの導入へ

BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューションであり、また、それにより変化する建築の新しいワークフローです。

BIMを実現するソフトを使って3次元モデルを作成し、設計から施工、維持管理に至るまで建築ライフサイクル全体でモデルに蓄積された情報を活用することで、建築ビジネスの業務を効率化し、建築デザインにイノベーションを起こす画期的なワークフローです。

REVIT (BIM)を使用した

RC企画建築を生み出します。

TYING,Inc

BIM  ×  RC住宅( VOID'S )

 

が BIM LABO 様のプレゼンで発表されました。

AUGI( オートデスク株式会社公認コミュニティ)より、

弊社のRC躯体提供サービス「 VOID'S 」が BIMソフト とコラボレーションの実現に向けてプレゼンテーションを致しました。

BIMの可能性とRC企画建築

実際の建築物を施工する前に、コンピューター上で3次元モデル生成を行い、それを活用して、意匠、構造、設備などの様々な仕様やコストを管理したり、環境性能やエンジニアリングのシミュレーションや、エコロジーでコスト効率のよい施工計画を立てたりすることが可能です。

 

例えば、建築プロジェクトの企画の段階ではこれまで図面を基に、関係者間でコミュニケーションが行われてきました。

 

しかし2次元の図面では実際にどんな建物がたつのか、人によって理解度に違いがあり、「実際にたってみないとわからない」というケースは少なくありません。図面をベースにしたコミュニケーションから、3次元モデルを使ったコミュニケーションに置き換えることで、設計者の頭の中にあるイメージを早期から関係者間で共有して、「よりよい建物」にするためにさまざまな検証が簡単にできるようになります。

▪︎BIMの建築3次元モデルとの連動性

BIM3次元モデルを使って、施工主へのプレゼンテーションを行うことで、これまで以上の説得力を持たせられます。関係者間で具体的な「絵」を用いて打ち合わせ行えば、イメージを共有化して進むので作業の手戻りも少なくなります。

 

このように3次元モデルを中心にすえて、設計事務所、構造/設備事務所/ゼネコン/施工主間でコミュニケーションを行い、企画/基本設計/実施設計/施行/維持管理業務に活用することで、

 

・業務プロセスの改善

・経営の改善

・デザインの向上

 

を実現します。

■ 実際にBIMソフトで起こりうるRC住宅の可能性をご紹介

BIMソフトを使用して図面を作成するという『 時代 』

上記の図面等は全てAUTODESK REVIT ( BIM ソフト )を使用して作成されたもので、平面、立面、断面は全て3次元のモデルを上からないし横から、見ている内容となっています。現在の建築の図面は、平面、立面、断面、パースは別々で図面として作成されていましたが、それでは図面ミスの発生や変更等があった際には、それぞれの図面を書き直さなければなりません。

 

3次元で描いたものを『データの一元化』とすることで図面のミスを無くし、よりパフォーマンスの高い建築図面の作成を行うことができます。また、そのデータの中に『 コスト・仕様・環境内容 』をデータに組み込むことで、今までの図面のパフォーマンスにはなかった建築ツールを可能としています。

 

現場・教育の観点からもBIMの推進を進めたいという大学・会社も多く、時代を経て 手書き → CAD → BIM への移行が着実に進んで行くことになりそうと言えます。

■ BIM × RC躯体提供サービス VOID'S  の可能性

更なるRC建物の可能性を追求するためのツール

弊社TYINGの事業である RC躯体提供サービス 『 VOID'S 』と BIM の可能性を探るべく、弊社の目指す『 多能工・建物の高品質化・躯体の低コスト化  →  スケルトンインフィルの実現 』に向けて鈴木先生と検証を進めて参りました。本事業では、特にRC住宅規模における『BIMの役割』を見出し、追求してきました。

 

建物規模(住宅 〜 マンション)の違いで、BIMの使い方・考え方を様々な方法論で取り入れ、最大限のパフォーマンスの発揮を目指して使用して参ります。

また AUTODESK  REVIT では、AUTODESK 製品との連動性が高く、弊社では REVIT → 3dsmaxでパースを書き出しております。

このように別のソフトとの組み合わせで、さらなるBIMデータの使い方に+@のエッセンスを加えることができます。

RC躯体提供サービス 『 VOID'S 』のイメージパース

- 関連資料リンク先 -

BIMの活用方法

AUTODESK REVIT

BIMの活用方法

AUTODESK REVIT

BIMとは何ですか?

BIMの活用方法

各シミュレーションの実践へ

エネルギー検証・対策

3次元データで建築の一元化へ

BIMのこれから

3dsmaxを使用したプレゼン

BIMで多能工技術の確立へ

0
%

BIM 連動による企画建築の完成度

0
%

若者の多能工技者育成の必要性

0
%

BIMソフトの絶対的な必要性

BIMの様々な可能性

- 近日公開 -

どうぞ、お気軽にご連絡お待ちしております。

<

TYING , Inc | RC建設コンサルタント

株式会社TYING(タイング)

CONTACT US

東京都渋谷区神宮前6丁目19の17

ペリエ神宮前 7F

TEL    :  03 6450 5428

FAX    :  03 6450 5429

Email: info@tying.jp

Support: help@tying.jp

OTHER

(C) 2020  copyright  TYING.  All  right  Reserved